SSブログ
前の1件 | -

台湾・台北 RunThroughTheJungle V 34kmに参加 [トレイルラン]



スポンサーリンク




2020/2/22 土曜日に台湾の台北近郊で開催されたRun Through The Jungle5 34km部門に参加してきました。
2月はニュージーランドと青梅マラソンと台湾と3週連続での大会参加となってしまいましたが、ニュージーランドと台湾は避寒も兼ねているのでこのような日程となってしまいました。
さすがにニュージーランド100kmからの1週間では疲労が抜けきらないままに青梅で全力で走ったので、それらの疲労を引きずったままの参加となりました。
34kmで距離は短いとはいえ、大会名の通りワイルドな道なのでそこまで楽ではありませんでした。
今年から天皇誕生日が移動して3連休になりやすい日程なので有休を消化せずに遠征できるのはうれしいですね。
2月は日本でもトレイルランの大会は少ないですし、今大会は海外といえども台北駅からのシャトルバスも用意されているので下手な国内大会よりも参加しやすいです。

成田T2はガラガラ
IMG_20200221_190233.jpg

往路の飛行機は思ったより搭乗率高め 80%くらいでしょうか
IMG_20200221_193828.jpg

IMG_20200221_194130.jpg
今回の日程です。
2/21金曜 仕事終了後に20:10成田発 23:30台北着
     台北駅前の漫画喫茶Qtimeで3時間横になる。
2/22土曜 台北駅前から4時半発のシャトルバスで会場へ。
     会場で当日受付をし、6時にスタート。
完走、会場で食事(無料)、靴洗浄までやって17時には台北駅帰着

2/23日曜 終日観光 今回は新北投へ温泉 淡水駅から川沿いにサイクリング
2/24月曜 AM6:40台北発 10:40成田着

少々過酷な部分もありますが、心配な人はケチらないで到着日の宿取ったり、空港ラウンジを使ったりなどすればかなり楽に参加できると思います。



大会当日の天候は晴れで午後から弱い雨の予報。
最高気温23℃ 最低気温18℃ (台北)
湿度は不明ですが蒸し暑さなどはなし。
体感60%くらい

小さなお寺が会場です。
34km部門の出走は91人
17kmや10kmも合わせても300人程度。

6時に地味にスタート。
IMG_20200222_055453.jpg
会場が渓谷沿いなのですぐに山に入ります。
道は細いシングル、荒れていて崩落個所も多いです。
30分くらいはライトが必要な暗さなので慎重に行きたいところです。
30分もゾロゾロと進んでいくと谷筋に入っていきます。
いきなりこのコースの核心。
滑る岩に大きい沢。
IMG_20200222_062936.jpg

一応慎重にいけばドボンは避けられますが時間がかかります。
私は濡れる方が嫌なので避けていましたが、結局滑る岩場が多数で思い切り滑って左肩と左ももを強打した上に川に突っ込んでびしょぬれです(笑)
しかも強打した肩が猛烈に痛くて打った瞬間外れたかもと思いましたがなんとか留まったようです。
腕が全く振れないほど痛いのでしばしその場で停滞。
多少痛みは治まって歩くことができるようになったので再開。
肩の痛みが治まると左ももの痛みの方がきつくなってきましたが、痛いけど走っても大丈夫なやつだと思ったので我慢して続行です。
この大会名に恥じないジャングルぶりです。
一応、樹林帯の外は日の出を迎えてそれなりに明るいはずですが鬱蒼としていて写真を撮ろうとするとブレます。
何回も止まってしっかり撮影したつもりですがピントがばっちりのものはありませんでした。
IMG_20200222_064242.jpg

この沢沿いのテクニカルな部分は大変ですが最も面白い区間でした。
夢中でしたのであっという間に通過した印象。
マーキングはしっかりついていますが、渡渉時などは油断すると見失いやすいです。
まだ序盤なので前後に人がいますのでほとんど心配いりませんが。


谷筋を抜けると舗装路
IMG_20200222_065001.jpg
安心します(笑
間もなく最初のエイドとCP
IMG_20200222_065503.jpg
主催はBeastRunnersというところですが、ここの大会のエイドは食パンサンドイッチやフルーツ、エナジーバーなどがだいたい置いてあるのですがバランスが良くて好きです。
パンで腹持ち良くしたり、フルーツで糖分補給したりと体調やレース運びによって選択肢があるので。
エイドを出ると再びすぐに山へ。
ここで軽くミスコース。
行き止まりだったのですぐに気づくことができましたが危ない危ない。
ここは日本の山に近い感じでした。
IMG_20200222_065852.jpg
ここまで眺望はゼロでしたが、尾根筋に出てきてようやく隙間から雲海が見えて楽しくなってきました。
IMG_20200222_070523.jpg
山を降りると再び舗装路。
舗装路が出てきた時はほぼ全て走りました。
IMG_20200222_072530.jpg
事前情報はあまりなく、走ったことのある人の情報ではあまり走れないというか全然進まないということを聞いていたので50mでも走れるところがあるなら走っておこうと思っていました。
IMG_20200222_072728.jpg

途中には梅でしょうか、とてもきれいに咲いていました。
IMG_20200222_080422.jpg
意外と走れる場所多いなと思っているとまたすぐにジャングルに飲み込まれます。
IMG_20200222_073825.jpg
ジャングルの中も斜度的には問題なく走れるのですが、足元が見えない、滑る、の組み合わせで走ると滑りまくっていつもは使わない筋肉ばかりが使われてかなり筋疲労します。
歩いた方が速いです。
ただ、ジャングルも後半の方になってくると岩が多少少なくなってきて走れる所が増えます。
こうなるとリズム良くトレイルを走れて最高に楽しいですね。
距離が短いのでペースを下手に抑える必要もないですし。
IMG_20200222_081514.jpg
IMG_20200222_090321.jpg

走れるじゃんと思っているとこんな激しい崩落もルートになっていたりして飽きることがありません。
ここは道が崩れているというより山全体が崩れているという感じでした。
IMG_20200222_095900.jpg

IMG_20200222_083315.jpg
終盤は気温が20℃を超えてきて日陰になっていても暑く感じるようになってきましたがバテるほどではなかったです。
台湾で走るのは晴れた冬が良いですね。
雨だと結構寒く感じて体感では東京と大差なかったりしますが晴れてると最高です。
気温が上がってきたタイミングで軽い雨。
IMG_20200222_114139.jpg
これはかえって体感を涼しくしてくれたので気持ちよかったです。
これ以上のコンディションはないでしょう。完璧です。
IMG_20200222_122644.jpg
7時間半ほどで戻ってくることができました。
IMG_20200222_133750.jpg
しかし34kmという距離のわりには足はかなりの疲労です。
晴れていてもあちこちで滑りまくるので足首回りだったり、滑る急な下りを木につかまりながら降りる場面も多いので上半身の方が筋肉痛がきつかったり疲労具合が異なりました。
強打した太ももも最後まで痛くてこれがなければもう少し楽しめたかな。
それでもほとんど怪我もなく楽しく完走できて大満足!
この短距離のトレイルランの大会でここまで楽しめるのは素晴らしいと思います。

ゴール後はビーフン等の食事が提供されています。
しかも食べ放題です。
IMG_20200222_134341.jpg
私は飲めませんがビールももらえます。
それと何気にうれしいのが靴を洗える場所があること。
ドロドロの靴と足周りをすぐに水に流せるのは気持ちが良いですし、環境保護の観点からも良いですね。
また徹底してごみの削減に取り組んでいてエイドや最後の食事等に必要なコップや皿は用意が全くないので持参が必須です。
ごみの分別もしっかりしています。
参加賞や完走賞もなかなか凝っていて好きです。

台北は冬に雨が多い気候らしく、この大会も今回含め5回中2回は雨だったようです。(対中、台南は雨は少ない時期)
雨が降ると滑りやすさ倍増でしょうから様相が一変するものと思われますので参加は覚悟を決めた方がよさそうです。

今回の旅の費用です。(1元=3.7円)
飛行機 成田-台北往復 25000円
宿   台北2泊    5400円
    漫画喫茶3時間 1300円 
エントリー 早期割引 10000円(会場までの片道バス込み)
その他、観光に使った電車、自転車等 1000円未満

今回は短い日程でしたが丸一日観光に使えたので温泉行ったり、淡水というところからサイクリングしたりしたので写真を下に適当に貼り付けておきます。
IMG_20200223_134005.jpg
新コロナウイルスの影響か、帰りの飛行機がガラガラ。特等席を割り当てられて楽ちんで帰ってこられました。
IMG_20200224_062240.jpg

IMG_20200222_182213.jpgIMG_20200223_084412.jpgIMG_20200223_091114.jpgIMG_20200223_095254.jpgIMG_20200223_103228.jpgIMG_20200223_104457.jpgIMG_20200223_122809.jpgIMG_20200223_123234.jpgIMG_20200223_130427.jpgIMG_20200223_131350.jpgIMG_20200223_132447.jpgIMG_20200224_051817.jpg
IMG_20200223_134335.jpgIMG_20200223_134340.jpg


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。